新HPを公開しました

TOPスクリーンショット

キャップドゥのホームページがリニューアルオープンしました。
各サービスの詳細や会社概要、クライアント様の導入事例もご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

ミリーヴ株式会社様

ミリーヴ株式会社

ミリーヴ外観
ミリーヴロゴ

【事業内容】不動産事業、デジタル・通信事業、保険事業、遊休地活用事業ほか
【本社】熊本県熊本市中央区辛島町4-35
【HP】https://www.milive.co.jp/
【創業】2006年6月
【導入部署】ミリーヴグループ全8社
【導入ツール】kintone
【導入時期】2017年8月

〈課題〉

◆オンプレミスからクラウド化
◆ワークフローシステムの導入

〈キャップドゥによる提案〉

◆kintoneの導入・活用

ミリーヴ外観

ミリーヴグループは、株式会社明和不動産での不動産関連事業を中核に、デジタルや通信事業・保険事業など住まいに関わる事業を幅広く手がけている。同グループは、県内外に 20 を超える支店・店舗を展開しており、社内での情報の共有・クラウド化は必須だ。グループ全社に kintone を導入し、357 人(2019 年 9 月時点)の社員全員に 1 アカウントを支給している。社内にエンジニアを抱え、IT リテラシーの高い社員による自社開発も盛んに行われているミリーヴ。同グループの kintone 活用について、経営戦略室 経営企画課課長の日髙 賢一氏に話を伺った。

オンプレミスのデータ破壊によりクラウド化を余儀なくされた

経営企画課課長 日髙氏

10 数年前から使用していたサイボウズのデータが飛んでしまう。2017 年某日、そんな恐ろしい事態が起こってしまった。原因は、オンプレミスのサーバーの故障。それまでも『G suite(グーグル)』をはじめとするクラウドツールは導入していたが、ワークフローに関してはサイボウズを活用していたため、早急に代替ツールが必要となった。そこで 以前からキャップドゥが提案していた kintone を導入。ピンチからはじまったミリーヴの kintone 活用は、想像以上の広がりを見せた。

(左)経営企画課課長 日髙氏

kintone

業務IT化を推進させるツール

kintone は、ツール内で業務に合わせた独自のアプリをつくれることが特徴だ。現在、社内の担当者3 人で150ものアプリを開発している。同社の場合、使用していたツールが急に使えなくなるという緊急事態での導入だったため、開発チームは現場スタッフの声を丁寧に聞き取りながら、ユーザビリティを追求したという。 「緊急事態での導入とはいえ、 kintoneに変わったことで現場スタッフの負担が増えては意味がありません。サイボウズの方がよかったと言われないよう、使い勝手をヒアリングしながら開発を進めました」 ワークフローのために導入した kintone であったが、アプリの利用は他の業務の効率化にも寄与している。案件管理もそのひとつだ。
「それまでは、エクセルやワード、紙の書類など各部署・スタッフ個人がそれぞれの方法で管理していました。これを統一したことによる効果は大きいと思います。kintone を導入したメリットとして一番感じることは、転記作業がなくなったことですね。アクションという機能を使えば、紐付けたアプリにデータを自動登録することができます。これにより作業時間が削減でき、以前から社内で推進していた業務のデジタル化が加速度的に進みました。現在、明和不動産の賃貸仲介店舗において同グループ会社の管理する賃貸物件のお申込みを行う際には、自社開発したデジタルツールにお客様情報を入力してもらい、電子署名『DocuSign(ドキュサイン)』を経て、 kintone 内にお客様情報が自動反映され、顧客情報を管理しています。RPA を利用しているため、以前は現場スタッフが手作業で行わなくてはならなかったこともボタンひとつで処理できるようになり、業務効率が格段にアップしました。本来連携できないものをつなぐ kintone は、弊社がデジタル化を進める上で重要な役割を担っています」

kintoneを活用する社員さん

何かあったときに対応してくれる安心感

キャップドゥからは、主に導入の際に支援を受けたという。各アプリを作成する際に苦労したのは、権限の設定だった。
「たとえば、ワークフローを差し戻す場合は本人に加えその上司にも戻るようにしたい、という現場スタッフからの要望に応える必要がありました。しかし、権限の設定はとても複雑です。そんなとき、キャップドゥさんに細かい部分まで相談できるのは有り難かったですね。気軽に相談でき、何かあったときにはすぐに対応してくれるキャップドゥさんとの関係は、大変頼もしいです」と、距離感が近いことが大きなメリットとなっている。

株式会社RITA-STYLE様

株式会社RITA-STYLE

【事業内容】ダイエットに特化したパーソナルトレーニングジムの運営
【本社】熊本県熊本市中央区坪井2-1-42 SDK熊本ビル5階
【HP】https://rita-style.co.jp/
【創業】2015年5月
【導入部署】店舗運営本部
【導入ツール】kintone、メールワイズ
【導入時期】2017年

〈課題〉

◆業務IT化による生産性の向上
◆本当に使いこなせるアプリの設計

〈キャップドゥによる提案〉

◆kintone案件管理による現場と運営本部の共有
◆kintoneとメールワイズによるリードの一括管理

株式会社RITA-STYLEは、ダイエットを目的としたパーソナルトレーニングを行うジムを運営。4年で九州・中国地方の6県に8店舗を出店。高品質なトレーナーによる指導や細やかなサポートなど「顧客目線」によるサービスの提供で急成長している。
母体であるRITA GROUPは、RITA-STYLEのほか、通信販売事業とWEB広告代理店事業を行う2社を経営。熊本を代表するベンチャー企業だ。
今回は、主にkintoneについて、RITA-STYLE代表取締役の倉崎好太郎氏、店舗運営本部の内田龍平氏、導入に携わったマーケティング部の山口雄大氏に話を伺った。

「自分たちだけで導入するのは難しいと感じていた」

当時、RITA-STYLEはグループの3社で一番IT化が遅れており、アナログによる業務効率の低さが課題となっていた。倉崎氏は以前から知っていたkintoneの導入を検討するも、感じたのはハードルの高さ。これまでにも、ツールを導入したものの活用しきれなかった苦い経験があったからだ。そこで、地元熊本で導入サポートを行う会社キャップドゥに問い合わせたという。キャップドゥのエンジニアと二人三脚で開発を行った結果、今では各ツールと連携させて使用するほどの活用を見せている。

(右)RITA-STYLE代表取締役の倉崎氏
(左)店舗運営本部の内田氏

kintone

専門ツールをつなぐハブツール

現在メインで使用しているのは、問い合わせのあったお客様毎に受注か失注か一覧できる案件管理アプリ。当社がすでに導入していたアクセス解析やCRM機能をもつCMS『ferret One(ベーシック)』と連携している。ferret Oneの申し込みフォームに入力された情報が、kintone内のアプリに反映。申し込み状況がリアリタイムで把握できる。この各ツールとのAPI連携こそが、kintoneの大きなメリットだ。
「kintoneは、何でもできます。だから、かえって専門ツールには及ばない部分もある。各ツールとの連携がkintone最大の強みだと思うので、データハブとしての活用に期待しています。現在導入を検討しているWeb決済ツールがあるのですが、それも連携する予定です。どのように連携すれば最大限活用できるかという細かい部分は、キャップドゥに相談しようと思っています」(倉崎氏)
今後、制作を予定しているのは顧客データアプリ。当社には、何kgのお客様がどれだけの期間にどれだけの成果があったかという膨大な顧客データがある。現在、紙ベースで管理されているそれをデータ化し、傾向を探っていくのが目的だ。ITリテラシーがそう高くない現場のトレーナーにとっても使いやすいアプリ。その開発は容易いものではないが、不可能ではないのもkintoneならでは。
RITA-STYLEによるkintoneの開発は続く。

導入に携わったマーケティング部の山口氏

メールワイズ

顧客単位でフェーズを把握・メール送信

元はG Suiteを使用していたが、kintoneと連携が図れるためメールワイズを導入した。
「テンプレートを多く作成できる点は、とても便利です。kintoneで管理しているリードをフィルターにかけ、対象のお客様に該当のメールを送るという工程が2クリックくらいで行えます。メール業務がかなり簡素化されますね。」
メール機能も充実している。受信メールが処理されたものなのか、誰が処理をしたものか、どのような対応がされたのかという状態がわかる仕組みだ。送信メールも顧客毎に閲覧できる。これは、社内はもちろん、アウソーシングしている協力会社とも共有しやすい。
「たとえば、あるお客様の画面を開くと、送信したメールが一覧で確認できます。前日、お申し込みをいただいてリマインドの連絡を送信したがまだご返信がない。今日2通目を送信している。そんな、お客様へのアプローチがどの段階にあるかを一目で把握できるので、とても便利だと感じています」(内田氏)

「困ったら、キャップドゥ」

導入当時から現在まで、キャップドゥによる月額サポートを受けているRITA-STYLE。アプリの開発ほか、随時の問い合わせ対応もサービス内に含まれている。不明点をチャットワークで尋ねると、1時間以内にはエンジニアから返答があるそうだ。現在も、およそ週に1回の頻度で連絡を取っており、必要に応じてビデオ会議も行われるため、安心感があるという。
「kintoneは、カスタマイズできるところが本当に便利で、強みだと感じています。しかし、それを使いこなすのは簡単ではありません。本当に些細なことまで仕様が変えられるので、そんな小さなことを気軽に尋ねられるキャップドゥさんの存在は心強いですね。こんなことができそうだなということを、質問して答えてもらう形です。とりあえず、困ったらキャップドゥさんと思っています(笑)」(山口氏)
kintoneの導入にあたって苦労したのは、kintoneの独特な概念に対する理解だった。
「なんでもできるkintoneを導入すると、柵のないところに放牧された羊のようになると思うんです。どこに向かっていいか、何をしていいかわからないときに、道しるべとなる存在は大切。キャップドゥさんは、羊飼いさんですね」(倉崎氏)

アウテリアタイガー株式会社様

アウテリアタイガー株式会社

アウテリアタイガー外観
アウテリアタイガーロゴ

【事業内容】エクステリア設計・施工
【本社】熊本県熊本市中央区平成2丁目1-18
【創業】1960年10月
【HP】https://www.outeriortiger.co.jp/
【導入ツール】kintone、サイボウズガルーン、タッチオンタイム、マネーフォワード
【導入時期】2018年1月〜

〈課題〉

◆機能拡張にかかるコスト・時間の削減
◆日々の業務のスピードアップ

〈キャップドゥによる提案〉

◆自分たちで仕様変更できるkitoneの導入
◆社内クラウド化の拡張(他ツールの導入)

アウテリアタイガー展示場内

アウテリアタイガー株式会社は、県内全域の設計・施工を請け負うエクステリア専門店。
来年には創業60周年を迎える。一般的にエクステリア会社は、住宅メーカーの下請けが多いとされる。しかし、アウテリアタイガーは、約6年前から完全な「B to C」へ移行。お客様と直接コミュニケーションを取ることで、ニーズに合ったご提案を実現している。現在、展示場は本社のほか2カ所。今後の拠点や社員数の増加を見据えた業務のクラウド化を推進している。
今回、導入に携わり各ツールの運営を行う管理部 部長の與田貴子氏に話を伺った。

利用していたクラウドツールへの不満を相談したことが、きっかけ

管理部部長 與田氏

アウテリアタイガーは、外資系クラウドツールを利用していた。ランニングコストが高いこと、カスタマイズに時間や費用がかかることなど、使いづらい部分があることからシステムの入れ替えを検討。その際、以前から面識があったキャップドゥ森田へ相談したという。「業務全体のスピードアップ」という明確な目的と現システムへの不満があったため、それをカバーできるシステムを導入した。

管理部部長 與田氏

kintone

「ちょっとこうしたい」が自分たちでできる

案件管理ツールとして、kintoneは最適だ。営業も設計も自社で行うアウテリアタイガーでは、社員同士が互いに状況を把握しあう必要性がある。そんな中、社員の意見を取り入れツール管理を行う與田氏にとって、カスタマイズしやすいことは大きなポイントだ。
「以前のシステムはパッケージだったこともあり、少しの機能拡張であってもメーカーにお願いしなければなりませんでした。それが、kintoneであれば自分たちで行える。こういうシステムをつくりたいなと思ったときに、比較的簡単につくれるというのは便利だと感じています」
利用するなかで気づいたことを反映したり、使い勝手の良いものに修正したりできる。これが、kintoneの特徴のひとつだ。
「前のシステムから引き継いだ形になるため、使えなくなった機能ももちろんありました。同じようなシステムがあっても、やっぱり前の形が良いと感じてしまって。でも、kintoneは機能拡張できるので、キャップドゥにお願いして以前の良かった部分も取り入れたシステムを開発してもらっています」
会社の状況は、日々変わっていく。今後、営業社員が増えても管理者の仕事が増えないような案件管理を目指し、これからもツールをカスタマイズしながら活用していくという。

アウテリアタイガーオフィス

サイボウズガルーン

kintoneとの連携で、2つの見方ができる

ガルーンで全員のスケジュールを共有。これにより、電話対応が効率的に行えるようになった。
「お客様から電話お問い合わせがあった際に、営業にいちいち連絡を取らずともお答えすることができます。どんなお約束があったのか、現状はどうなのか、日時変更可能日はいつなのかといったことがわかる。一人一人のスケジュールを一目で把握できます」
アウテリアタイガーでは、サイボウズガルーンをkintoneと連携。案件とスケジュールを結びつけることが可能になった。kintoneの「案件」を開くと、そこに関わるメンバーのスケジュールがガルーンから表示される。たとえば、営業が設計へ図面を依頼する際も、状況を簡単に見ることができる。
管理者にとっても、案件ごとに確認できるのは便利だ。「スケジュール的な人の動きを見たければガルーンを、案件の進捗を見たければkintoneを開きます。目的によって見方を変えられるのは、連携させているメリット だと思います」

kintoneを活用する社員さん

タッチオンタイム

残業時間の計算を改善

タイムカードを使用していた際の問題点として「残業時間計算の負担」があった。働き方改革で全体の残業時間は減ったものの、社員数の増加とともに計算の手間も倍増。毎日各社員の残業時間を計算しておかなければ、管理職が指導することもできない。タッチオンタイムは、残業時間の把握にくわえ残業の申請も行えるため、本人が累計を見ながら判断、自己管理することにもつながる。

マネーフォワード

どこにいてもリアルタイムで入出金確認

銀行口座やクレジットカードと連携できるため、入出金をその都度確認できる。リアルタイムで入出金を把握できるのは、処理をするうえで有効だ。どこにいても見られるという点も、社外にいる管理職は便利だと感じているようだ。

キャップドゥは、町の電気屋さん

クラウドツールを導入するにあたり、データが飛んでしまうリスクに対する不安はあったという。実際、一度あるシステムのデータを誤って消去してしまったこともあった。
「どうしようと思って、すぐに森田さんへ連絡しました。かろうじてデータはクラウド上にバックアップが残っていましたが、開発したアプリはまっさらに。キャップドゥが復元の対応をしてくれました」
大きなトラブルも些細な相談も、問い合わせしやすい印象があると語る與田氏。
「業務システムをお願いする場合、やはり会社のことを理解していただかないと望むものをつくれないと思います。システムの良し悪しは社内に大きな影響があるので、クラウドツールの導入はきちんとしたサポートがないと難しい。以前のツールへの不満もその部分だったので、そこは大事だと思います。気軽にこんなことできませんかと尋ねられるのも、信頼関係のあるキャップドゥだから。たとえるなら、町の電気屋さんです。その家庭のこともなんとなく知っていて、何かあったら対応してくれる。キャップドゥは、会社のことをある程度理解したうえで、状況に応じた提案をしてくれるので、そんな存在に近いかなと感じています」