クラウド会計ソフト「freee(フリー)」とは?メリットや料金

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」とは

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」は、freee株式会社が提供するクラウド型(オンライン型)の会計ソフトウェアです。

面倒なイメージがある経理業務を自動化してくれるのが特徴で、クラウド会計ソフトのなかでは導入シェアNo.1になるほど支持されています。(2017年9月時点/BCN調べ)

クラウド会計ソフト「freee」の導入メリット

ここからは、クラウド会計ソフト「freee」の導入メリットをお伝えしていきます。

経理の自動化で業務時間を削減

クラウド会計ソフト「freee」は、登録したネットバンクやクレジットカードから取引明細を自動で取得し、AIによる自動判定や仕訳ルールに基づいて、自動で記帳を行ってくれます。

もちろん、後から間違っていないか見返す必要はありますが、手作業で取引を一件ずつ登録していく手間に比べれば、大幅に業務時間を短縮することができるでしょう。現に、会計freeeを導入することで、経理業務の時間が半分以下に削減したというデータもあります。(freee株式会社調べ)

経理業務全体のコスト削減を実現

クラウド会計ソフト「freee」は、ただの会計ソフトではなく、「ERP型」の会計ソフトです。「ERP型」とは、業務全体の効率化を実現するシステムのことを指し、会計freeeの場合であれば見積書や請求書、債権管理、債務管理、経費精算、決算など、経理にかかわるあらゆる場面で作業を効率化してくれます。

資金繰り状況などを自動でグラフ化

クラウド会計ソフト「freee」では、取引明細を自動入力するだけでなく、入力されたデータを元に自動でグラフを作成してくれます。たとえば「資金繰りレポート」であれば、指定した期間の月ごとの収入と支出がひと目で分かるように、棒グラフや折れ線グラフなどで作成されます。

経営にかかわる重要な情報が自動で視覚化されるので、経営者にとっても便利な機能といえます。

家のパソコンやスマホからでも確認できる

クラウド型の会計ソフトである「会計freee」は、職場のパソコンからだけでなく、スマートフォンやタブレットなどからもアクセスが可能です。また、プランによって複数人をユーザーとして登録できるので、さまざまな場所から経理作業やデータの確認を行うことができます。

会計freeeはこんな企業にオススメ!

ここでは、クラウド会計ソフト「freee」がどういった企業にオススメなのか、具体的に解説していきます。

経理業務の時間コストを削減したい企業

まずは経理業務に多くの時間を費やしており、なんとか時間的コストを削減したいと考えている企業にオススメできます。会計freeeを使えば自動で明細を仕分けしてくれるため、業務の大幅な効率化が期待できます。

経理業務にかかる人件費を削減したい企業

会計freeeを使うことで、時間コストだけでなく人件費の削減にもつながります。「経理のアルバイトを雇っている」といった中小企業にとっては、会計freeeの導入でコストカットを行える可能性もあります。

会社の資金繰り状況をひと目で確認したい企業

「自社の資金繰りや集計表をすぐに確認したいけれど、経理が忙しくてなかなか資料が上がってこない」なんてことはありませんか?

クラウド会計ソフト「freee」を使えば、資金繰りレポートなどをグラフつきで自動で作成してくれるので、経理の知識がなくても見たい情報をすぐに見ることが可能です。そのため、迅速な経営判断にも役立てることができるでしょう。

クラウド会計ソフト「freee」のプランと料金

ミニマム

ミニマムプランは、決算書類の作成や記帳を効率化したい法人様にオススメです。

●料金:1,980円/月(年払いの場合)

●主要機能

  • ○ユーザー上限3名まで
  • ○効率的な記帳機能
  • ○決算書の作成
  • ○見積・請求・納品書作成
  • ○入金・支払管理
  • ○チャット/メールサポート

ベーシック

ベーシックプランは、経理全体の効率化や、企業の成長にむけて売上などの数字の可視化を実現したい法人様にオススメです。

●料金:3,980円/月(年払いの場合)

●主要機能

  • ○ミニマムプランの全機能
  • ○ユーザー3名まで無料
  • ○請求書の定期・一括請求機能
  • ○従業員の経費精算機能
  • ○ワンクリックで振込
  • ○電話サポート

プロフェッショナル

プロフェッショナルプランは、より高度な財務・経理管理や、ERP(業務全体の効率化システム)機能をお求めの法人様にオススメです。

●料金:39,800円/月(年払いの場合)

●主要機能

  • ○ベーシックプランの全機能
  • ○ユーザー10名まで無料
  • ○予実管理機能
  • ○プロジェクト会計
  • ○より複雑な部門設定
  • ○より複雑な申請経路の設定

会計freeeの導入をお考えなら「キャップドゥ」へ!

この記事では、クラウド会計ソフト「freee」のメリットや、会計freeeの導入をオススメしたい企業、プランごとの料金などをご紹介してきました。

「会計freeeを使ってみたいが、導入方法や使い方がよくわからない……」
「どんなプランを選べば良いんだろう……」

こういった不安を抱えている経営者様は、ぜひ「キャップドゥ」にご相談ください。

株式会社キャップドゥでは、「会計freee」をはじめとした、さまざまなクラウドツールの導入支援やカスタマイズ開発、各種サポート等を行っており、これまで多数の企業様からお喜びの声を頂いております。

クラウド会計ソフト「freee」の導入をご検討されている企業様は、ぜひ「キャップドゥ」にお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

Dropbox(ドロップボックス)の導入メリットや容量・料金

そもそもDropbox(ドロップボックス)とは?

Dropbox(ドロップボックス)とは、インターネット上にデータを保管できる「オンラインストレージ」の一種です。Dropboxのフォルダに保存したファイルやデータは、保存したときと別のパソコンや、スマートフォン・タブレットなどからもアクセスが可能になります。

Dropbox Businessとは?

Dropbox Business(ドロップボックスビジネス)とは、企業向けに開発されたDropboxです。通常(個人向け)のDropbox機能に加えて、セキュリティ面や管理機能が付与・強化されています。

Dropbox(ドロップボックス)の導入メリット

ここでは、Dropbox/Dropbox Businessに共通する、基本的な導入メリットをご紹介していきます。

ファイル共有が簡単に行える

Dropboxに保存したファイルは、「共有」ボタンをクリックするだけで、簡単に他の人と共有することができます。大容量のファイルでも簡単に共有できるので、いちいちデータを送信する手間が省けます。

Dropboxに入れたファイルは自動で最新の状態に

Dropboxに保存したファイルは、編集するとインターネット上のファイルも自動で最新の状態に更新されます。そのため、複数の端末からアクセスしている状況でも、常に最新のファイルを閲覧・編集することができます。

PC以外の端末からでもアクセス可能

Dropboxは、パソコン以外にもスマートフォンやタブレットなどの端末からでもアクセスが可能です。そのため、移動中の電車の中などでファイルの確認を行うことも可能です。

削除したファイルも復元が可能

Dropboxでは、一度削除してしまったファイルでも、「復元」機能を使用することで復元することができます。例えば企業など複数人で使用する場合、だれかが誤って削除してしまった場合でも安心です。

データのバックアップとしても活用できる

パソコンのハードディスクなど、ローカルフォルダのみにデータを保存している場合、パソコンが故障したりするとデータを取り出せなくなる危険があります。Dropboxに保存しておけば、データはクラウド上に保存されているため、バックアップという意味でも安心です。

Dropbox Businessの導入メリット

ここでは、Dropbox Businessの導入メリットをご紹介していきます。

チームなど複数人での共同作業に特化

企業で使用することを前提に開発されているDropbox Businessは、チームメンバーなど複数人での共同作業に特化した仕様になっています。具体的には、チームメンバーだけが閲覧・編集可能な「チームフォルダ」を作成したり、「営業部」や「人事部」といった部署ごとの共有フォルダを作成したりすることも簡単にできます。

管理コンソールによるフォルダ管理

個人向けDropboxは、企業で使う場合にセキュリティ面で不安がありました。Dropbox Businessでは「管理者」機能が存在しており、管理者のみが管理コンソールからメンバーの登録・削除やチームフォルダの作成などを行う事が可能です。

また、「チーム管理者」、「ユーザー管理者」、「サポート管理者」の3種類が用意されており、他のメンバーの管理権限を付与することも可能です。さらに管理者のみ、メンバーの行動履歴(アクティビティ)を閲覧することもできるので、よりセキュリティ面の強化につながります。

Dropbox(ドロップボックス)はこんな企業にオススメ!

DropboxおよびDropbox Businessは、以下のような企業に特にオススメです。

出張先などで頻繁にデータ共有を行う企業

出張が多く、出張先でもデータの共有や作業を行うような企業では、クラウド上にデータを保存しておけるDropboxは最適です。

海外からデータ共有を行う企業

クラウドストレージサービスであるDropboxは、インターネットさえ繋がっていれば海外からでもアクセスが可能です。そのため、海外支店や海外の出張先からデータ共有を行う企業でも、Dropboxは活躍できるでしょう。

チームや部署で共同作業を行う企業

チームや部署ごとにフォルダを作って、常に最新ファイルを共有できるDropbox Businessは、チームや部署で共同作業を行う企業に最適です。

テレワークを導入したい企業

自宅から仕事を行うテレワークでも、Dropbox Businessならデータを簡単に共有できるのでオススメです。Dropboxは、テレワークに欠かせないツールのひとつだと言えます。

Dropbox Businessの容量・料金プラン

ここでは、企業向けのDropbox Businessの容量・料金プランをご紹介していきます。

Standard

  • 料金:月額1,250円/1ユーザー(最小3ユーザーから利用可能)
  • 容量:3TB(3,072GB)
  • 機能:120日間のファイル復元、スマートシンク、管理コンソールと監査ログなど

Advanced

  • 料金:月額2,000円/1ユーザー(最小3ユーザーから利用可能)
  • 容量:必要に応じて容量を追加可能
  • 機能:Standardの全機能、高度な管理とセキュリティ機能(管理者役割の階層化、ドメイン認証、デイバス認証など)

Enterprise

「Enterprise」はカスタマイズ可能なプランで、管理者が組織の規模にあわせて管理できるようにサポートさせて頂きます。Advancedの全機能に加え、ネットワーク制御、ドメインインサイトなどの機能を備えています。

Dropbox Businessの導入なら「キャップドゥ」へご相談ください!

この記事では、DropboxおよびDropbox Businessのメリットや導入をオススメする企業の特徴、プランごとの料金や容量などをご紹介してきました。

「我社もDropbox Businessを活用したいが、導入方法がよくわからない……」

こういった不安を抱えている経営者様は、ぜひ「キャップドゥ」にご相談ください。

株式会社キャップドゥでは、自社でDropbox Businessを導入して業務改善やテレワークに活かしているだけでなく、複数の企業様の導入支援や組織に最適なプランのご提案を行っております。また、Dropbox内の便利なツールの活用サポートや、他アプリケーションとの連携も必要に応じて行っています。

Dropbox Businessの導入をご検討されている企業様は、ぜひ「キャップドゥ」にお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

kintone(キントーン)とは?導入メリットや特徴・価格

kintone(キントーン)とは?

kintone(キントーン)とはサイボウズ株式会社が提供しているクラウド型の業務アプリケーション作成サービスです。

「アプリ」と呼ばれる業務システムをユーザーが簡単に作成できることが最大の特徴で、業務・用途にあわせて自由にカスタマイズすることもできます。

この記事では、そんなkintone(キントーン)のメリットや魅力について解説していきます。

kintone(キントーン)を導入するメリット

ここからは、企業がkintone(キントーン)を導入するメリットについて見ていきましょう。

自社の業務に最適なアプリを作成できる

kintone(キントーン)を導入する最大のメリットは、自社や部署ごとの業務に合わせた最適なアプリを、複雑なプログラミングの知識なしに、ドラッグ&ドロップで作成できる点です。

例えば、営業部署であれば顧客情報を一元管理して全体の進捗を「見える化」することができたり、総務・人事部署であれば社員名簿を一元管理して入社日や人事評価などの情報をすべて集約したりすることができます。

プロジェクトごとに情報共有の最適化が可能

kintoneでは、上記でもご紹介した通り、プロジェクトごとにアプリを作成して情報の一元化を行うことができます。また、プロジェクトに参加しているメンバーには、全体の進捗状況も「見える化」によって共有できるので、業務の効率化に繋げることができます。

チームごとにコミュニケーションが図れる

kintoneでは、プロジェクトのチームごとに、SNSのような円滑なコミュニケーションが取れるよう設計されています。

たとえば、チーム内で使う資料や掲示板などを作成できる「スペース」や、社外の人と情報共有を行える「ゲストスペース」、kintoneユーザー同士がコミュケーション可能な「ピープル」など、用途によって異なるコミュニケーション手段が用意されています。

業務の属人化を防ぐことができる

kintoneを利用することで、「どの業務がどのくらい進んでいるか」や、「どの案件の資料はどれか」といったバラバラになりやすい情報を、チーム全体で共有することができます。その結果、「社内の特定の人しか状況を把握していない」というような業務の属人化を防ぐことが期待できます。

社外からでもスマホやタブレットから利用が可能

クラウド型サービスのkintone(キントーン)なら、社外からでもスマホやタブレットでアクセスして利用が可能です。たとえば在宅勤務の方や、電車の中、出張先などでも、簡単にアクセスして進捗具合を確認したり、コミュニケーションを取ることができます。

kintone(キントーン)はこんな企業にオススメ

ここからは、kintone(キントーン)の導入をオススメしたい企業の特徴をご紹介していきます。

必要な情報を探すだけで時間がかかり残業が増えてしまう

日常の業務で、案件に必要なファイルが共有化されていなかったり、情報がどこにあるのかわからなかったりする場合、kintoneの導入がおすすめです。

kintoneなら、必要な情報を一元化して探す手間を省くことができるので、無駄な残業を減らしたり、作業を効率化したりすることがで期待できます。

特定の担当者がいないと仕事が進まない

特定の担当者がいないと仕事が進まないことはありませんか?kintoneを導入すれば、プロジェクトの情報をチーム内で簡単に共有できるため、「特定の担当者がいないと業務が進まない(属人化)」という状況を防ぐことができます。

社内全体のSNSしかなくチームごとのコミュニケーションが取りにくい

社内全体のSNSしかない会社では、チームやプロジェクトごとの話題が話しにくいという場合もあるでしょう。kintoneなら、チームやプロジェクトごとに情報を発信することができるので、コミュニケーションを円滑に行なえます。

独自の管理システムを開発する予算がない

業務の効率化のためにIT化を進めたいと思っても、独自の管理システムを開発する予算がない場合、kintoneがオススメです。kintoneは、プログラミング技術が無くても、簡単に業務ごとに最善のアプリを開発することができます。業務の効率化だけでなく、開発コストの大幅カットにも期待ができますね。

kintone(キントーン)の費用・料金

ここからは、kintone(キントーン)の費用・料金をコースごとに紹介していきます。

スタンダードコース(オススメ)

スタンダードコースは、APIなどの外部サービスやプラグインと連携できる拡張機能を備えたコースです。アプリ数も1,000個まで対応しているので、業務の効率化を図るのであればスタンダードコースがおすすめです。

  • ●費用:月額1,500円/1ユーザー ※5ユーザーから契約可能
  • ○アプリ数:~1,000個
  • ○スペース数:~500個

ライトコース

ライトコースは、APIなどの拡張機能を行えないコースとなります。

  • ●費用:月額780円/1ユーザー ※5ユーザーから契約可能
  • ○アプリ数:~200個
  • ○スペース数:~100個

kintone(キントーン)の導入なら「キャップドゥ」へ!

この記事では、kintone(キントーン)のメリットや導入をオススメする企業の特徴、コースごとの料金体系などをご紹介してきました。

「kintone(キントーン)を導入してみたいけれど、自社だけでうまく使えるか不安……」

こういった不安を抱えている経営者様は、ぜひ「キャップドゥ」にご相談ください。

株式会社キャップドゥは、kintoneの開発元であるサイボウズ社のゴールドパートナーに認定されており、2018年にはセールスアドバイザオブザイヤーを受賞しています。

全国300社以上のサポート実績があり、導入前の無料相談からその後のご提案、アプリ開発、kintoneコンサルティング、導入支援などのサポートを親切丁寧に対応できる体制を整えております。

特にkintoneについてはプラグインの提供や作成、その他システムとの連携などの豊富な実績がありますので、御社に最適なkintoneの運用をご提案することが可能です。

kintone(キントーン)の導入をご検討されている方は、ぜひ「キャップドゥ」にお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ