【後編】テレワーク導入でわかった課題や注意点とおすすめツール

前回記事のおさらい

前回の記事では、弊社「株式会社キャップドゥ」がテレワークを導入したきっかけや、実際にテレワークを導入してわかったメリットなどについてご紹介してきました。

>>【前編】キャップドゥのテレワーク導入経緯やメリットを大公開!

後編となる今回の記事では、主にテレワークの課題や注意点、テレワークに役立つクラウドツールなどについてご紹介していきます。

テレワークの課題・注意点

はじめに、テレワークの課題や注意点について解説していきます。テレワークのメリットは前回の記事でお話しましたが、課題や注意点についてもしっかりと理解しておきましょう。

業務を詰め込み過ぎてしまう

前回の記事で「移動時間が無くなり生産性がアップ」というテレワークのメリットをご紹介しました。

しかし、逆にいうとテレワークは移動時間がなくなる分、隙間なく業務を詰め込めるので、オーバーワーク気味になってしまうというデメリットにもつながります。

対策としては、短い休憩時間をこまめに挟むなど、会社としてテレワーク中のルールをしっかり定めて、社員にもそれを守ってもらう努力が必要となります。

食事の時間をおろそかにしてしまう

こちらも、上記でご紹介した課題点と似ていますが、テレワークは一人で作業をしている場合が多くなり、集中しすぎて食事の時間をおろそかにしてしまいがちです。

対策としては、時間がきたらしっかりお昼休憩をとるということを会社としてもしっかり通達すると同時に、社員自身もテレワーク中の休憩をしっかり意識することが大切です。

社員一人ひとりが、自分で自分を管理する必要がある

テレワーク中は上司や他の社員の目が基本的に届きません。そのため、上記でも解説してきた「仕事のしすぎ」や「休憩をおろそかにしてしまう」といった事態も発生しやすくなります。

ここで重要なのは、社員一人ひとりが、「自分で自分を管理・スケジューリングしていく」という意識です。社員一人ひとりがこういう意識をもつことで、会社からいわれなくてもテレワーク中にしっかり休憩をとったり、業務を無理ない範囲に留めたりすることが、自然とできるようになると思います。

逆をいえば、テレワークを導入する会社は、社員に対して「自分で自分を管理する」という意識をもてるように教育していく必要があります。

部下の頑張りが見えにくい

テレワークの課題として、部下が隠れて努力をしていても、上司に気付かれにくいという点もあります。

日本のサラリーマン社会では、長く社員の「陰の努力」を求める風潮があり、会社によっては現在もあるでしょう。しかし、テレワークで例えば休みの日も働く、休憩せずに働くなどの「陰の努力」をしても、上司には伝わりません。

それどころか、「自己管理ができてない」ということで、上司からの評価が下がってしまう可能性もあります。

テレワークを導入する企業は、これまでの古い考え方による評価は行わないということを、社員にしっかりと伝えて理解してもらうことが大切です。

キャップドゥがテレワークで使用しているクラウドツール

ここでは、弊社キャップドゥがテレワークで使用しているクラウドツールと、その役割を簡単に紹介していきます。

kintone

kintoneは、キャップドゥがテレワークの最初期から使っているクラウドツールです。kintoneは、キャップドゥのテレワークにおいて、kintone以外のツールの情報を集約し管理する中心的な役割を果たしています。

kintoneの最大の特徴は、「アプリ」と呼ばれる業務システムをプログラミングの知識がない社員でも簡単に作成できることにあります。

kintoneについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>kintone(キントーン)とは?導入メリットや特徴・価格

Dropbox(Dropbox Business)

Dropbox(Dropbox Business)は、インターネット上にデータを保管できる「オンラインストレージ」の一種で、Dropboxのフォルダに保存したファイルやデータは、保存したときと別のパソコンや、スマートフォン・タブレットなどからもアクセスが可能になります。

Dropbox(Dropbox Business)について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>Dropbox(ドロップボックス)の導入メリットや容量・料金

freee(フリー)

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」は、面倒なイメージがある経理業務を自動化してくれるのが特徴の、クラウド型(オンライン型)の会計ソフトウェアです。

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>クラウド会計ソフト「freee(フリー)」とは?メリットや料金

MoneyForwardクラウド

MoneyForwardクラウドは、「会計freee」と同じく、クラウド型の会計ソフトです。取引データの入力作業などを自動化できるので、会計業務の時間を大幅削減できます。

MoneyForwardクラウドについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>マネーフォワードクラウドとは?メリットや安全性を徹底解説

Zoom

Zoom(ズーム)は、WEB会議を行うためのクラウドツールで、テレワークには欠かせないツールとも言えます。パソコン以外でも、スマートフォンからも会議に参加できるのが特徴です。

Chatwork

Chatworkは、クラウド型のチャットツールで、日々の業務のやり取りや報告などを簡単に行うことができるツールです。コミュニケーション不足になりがちなテレワークにおいて、重要なコミュニケーションツールと言えます。

biz compass

biz compassは、社内名刺を資産として一括管理することができる、クラウド型の名刺管理サービスです。

SATORI

SATORIは、見込み顧客の創出・育成・分類を行うMA(マーケティングオートメーション)ツールです。

Bizer team

Bizer teamは、リアルタイムに業務の進捗を共有し、プロセスを可視化できる生産性向上を目的としたチームタスク管理ツールです。

Touch On Time

Touch On Timeは、シェアNo.1のクラウド型勤怠管理システムで、業務改善だけでなく、テレワークで欠かせない社員の残業時間削減、休暇管理にも効果的です。

Holmes

Holmes(ホームズ)とは、契約書の作成、承認、締結、管理までを一括で管理・運用することができる、クラウド型の電子契約管理システムです。

Googleカレンダー

Googleカレンダーは、クラウド上でスケジュール管理ができるカレンダーツールで、社内で予定を共有することも可能です。

キャップドゥはテレワークで売上2.7億(営業0人)を達成見込!

キャップドゥはテレワークの導入によって、正社員6名・営業0人にも関わらず、2020年の売上は2億7,000万円を達成できる見込みとなっています。(2020年7月27日現在)

少人数かつ営業なしでこれだけの売上を達成できた一番の要因となっている、やはり「テレワーク」による生産性の向上が大きいと考えられます。

現在、今後の「ウィズコロナ」の時代に合わせて、テレワークの導入を検討されている企業様の中には、

「テレワークのノウハウがないから何から手を付ければいいか分からない……」

といったお悩みを抱えている企業様も多いと思います。

テレワークのノウハウが豊富にある「キャップドゥ」であれば、企業様ごとに最適なテレワークの方法を詳しくご案内することが可能です。

テレワークの導入を検討されている企業様は、ぜひ「キャップドゥ」までご相談ください!

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

【前編】キャップドゥのテレワーク導入経緯やメリットを大公開!

キャップドゥがテレワークを導入した理由

はじめに、弊社「株式会社キャップドゥ」が、なぜテレワークを実施しようと思ったかについてご説明していきます。

そもそもテレワークってなに?

2020年の新型コロナ感染症の世界的な流行により、すっかり世間的にも言葉が定着した感のある「テレワーク」。テレワークは、もともと「tele(遠隔)」と「work(働く)」を合わせた造語で、「遠隔で働く」という意味になります。

実際に行われているテレワークを例に解説すると、「自宅やコワーキングスペースなどのオフィス以外から、ZoomやChatwork等のクラウドツールを活用して仕事をする」ということになります。

キャップドゥがテレワークをはじめたきっかけ

ここからは、弊社「株式会社キャップドゥ」がテレワークをはじめたきっかけについてお話していきます。

2016年3月、夫婦で「株式会社キャップドゥ」を創設。2ヶ月後の5月にはじめての息子が誕生し、どうしても「自宅でも仕事ができる環境」が必要になったことがきかっけでした。

業務が拡大するにつれて行ったのが、人材の募集でした。といっても、即戦力になってくれるような経験者は賃金も高くなるので、当時は雇うことができませんでした。そこでキャップドゥが着手したのが、基本的に誰でも扱うことができるクラウドツールを活用した「未経験者でも戦力にすることができる仕組み作り」でした。

最初に導入したクラウドツールは、業務にあわせたシステムを誰でも簡単につくれる「kintone」でした。そこから名刺をデータ化できる「biz compass」、オンラインストレージ「Dropbox」など、業務の拡大にあわせて使用するツールを増やしていきました。

そうして順調に会社の業績も上がっていったころ、最初は必要な手段として開始したテレワークを含む会社の仕組みが、自社の「強み」になっていることに気がついたのです。

次の項目では、実際にテレワークをしていて気がついた、テレワークのメリットについて解説していきます。

自社でテレワークをはじめて分かったメリット

ここからは、自社でテレワークを行ってみて分かったメリットについて解説していきます。

移動時間が無くなり生産性がアップ

テレワークによって自宅などで仕事を行うようになると、移動時間を削減することができます。実は、移動時間が無くなるだけでも、会社の生産性は大幅に上昇します。

理由のひとつは、移動に使っていた時間も業務に回せるので、単純に業務を行える時間が増えるためです。もうひとつは、満員電車や運転などの移動がなくなることで、心身の疲労が軽減されるという理由もあります。特に東京や大阪など、満員電車が当たり前となっている地域では、移動のストレスがなくなることによる生産性の向上には大きな期待がもてるでしょう。

参考までに、弊社キャップドゥの正社員数は6名ですが、2020年度の売上は約2.7億円の見込みです。(2020年7月17日現在)もしテレワークを導入していない場合(移動が発生している場合)、社員は倍の12人はいないと、この売上は達成できていないのではないかと考えています。

業務の効率化につながる

テレワークは移動がなくなるだけでなく、オフィスにいる場合に発生する電話の受け答えなど、業務の妨げとなっていた作業を行わなくて済むようになります。

つまり、社員が業務に集中しやすい環境になるため、業務の効率化につながります。

経費削減につながる

テレワークを実施することで、経費削減にもつながります。

具体的に、まず考えられるのは社員の通勤交通費の削減です。続いて、オフィスを構えるにしても出勤社員が減り最小限で済むようになるので、家賃の削減にも繋がります。

また、テレワークと同時にペーパーレス化も行えば、印刷コストなども同時に削減することができます。

全国の優秀な人材を雇用できる

会社の業務をテレワーク化することで、社員は「通勤」する必要がなくなります。つまり、これまで人材を雇う基準の根本には「距離」がありましたが、テレワーク化によって距離の概念がなくなるので、全国的に優秀な人材を雇えるようになるというメリットもあります。

少子高齢化対策としても有効(育児との両立)

テレワークを導入することで、育児とも両立できるようになります。「育児休暇で休む」以外の選択肢としてテレワークを用意しておくことで、戦力の離脱や働く側のモチベーションの維持にも役立つでしょう。

また、「子どもが居ても働ける」という安心感から、少子高齢化対策としてもテレワークは注目されています。

新型コロナを含む感染症や災害対策

大雨や台風、地震などの災害時や、コロナなどの感染症の流行時に備えて、テレワーク環境(ICT環境)を整備しておくことはとても重要です。

テレワーク環境(ICT環境)が整備されていれば、上記のような非常時であっても、社員道の安全確認や情報伝達を迅速に行うことができます。

また、今回の新型コロナのような非接触が推奨される感染症が流行した場合でも、テレワークを導入していれば感染リスクを減らしつつ業務を遂行することができます。

テレワークの使用ツールや課題は?

この記事では、弊社「株式会社キャップドゥ」がテレワークを開始したきっかけや、実際に運用してわかったメリットなどについてご紹介してきました。

この記事をお読みになった方のなかには、

「テレワークは良いことづくめに見えるけど、デメリットや注意点はないの?」
「実際にテレワークをしていくためのツールは何を使えばいい?」

などの疑問を抱いた方もいるのではないでしょうか。

テレワークの課題や、テレワークに必要なツールについては、次回の【テレワーク後編】記事にて詳しくご紹介させて頂きます。

また、「テレワークを導入したいから詳しく話を聞いてみたい」といった企業様は、キャップドゥまでお問い合わせください!

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

キャップドゥ、オーストラリアのSazaeをグループ会社化 ~サイボウズ関連ビジネスでの世界No.1獲得への布石~

キャップドゥは、「中小企業のサポーターとして、共に成長の歩みを進めたい」という思いを胸に、kintoneをはじめとするサイボウズ関連のクラウドツールを中心とした業務改善コンサル事業を展開しています。現在のコンサルティング実績は全国で400社以上にのぼり、IT企業、士業、国立大学、医療福祉、食品メーカーなど様々な業種の企業様の業務改善をお手伝いさせて頂いております。

サイボウズ関連ビジネスで世界No.1を目指しているキャップドゥは、戦略的パートナーとしてオーストラリアに本社を置くSazaeと資本業務提携を締結いたしました。世界No.1への足がかりとして、まずは日本とアジア・オセアニア地域におけるサイボウズ関連ビジネスでの売上げ・顧客満足度No.1を目指してまいります。

Sazaeはアジア・オセアニアに基盤を置くシステム開発会社で、最先端&高い技術力を中小企業様向けに提供することをミッションとしている企業です。

今回のグループ会社化により、キャップドゥがSazaeへ出資し、資本業務提携でチームとしての機能強化を図ってまいります。具体的には、キャップドゥのサービスと技術を、Sazaeを通じて日本国外にも展開し、サイボウズ関連ビジネスでの世界No.1獲得をキャップドゥグループとして目指してまいります。

代表よりコメント

「株式会社キャップドゥ」 代表取締役社長:森田 晃輝

Sazaeとの資本業務提携は、サイボウズ関連ビジネスでの世界No.1獲得への布石となります。
我々は『共に歩む』をグループの理念とし、世界の企業と共に歩み、そして日本の『業務改善』を『GYOMU KAIZEN』として展開して参ります。
Sazaeとキャップドゥは家族であり兄弟です。今後とも日本エリアの業務改善と世界の『GYOMU KAIZEN』を、チームでサポートして参ります。

「Sazae Pty Ltd」 代表取締役社長:溝尻 歩

キャップドゥの森田社長とはじめてお会いしたのは、「Cybozu Days 2019」でした。その際、キャップドゥが海外に進出したいことや、Sazaeと一緒にセミナー等ができないかなど、様々なことをお話しさせていただきました。
今回の資本業務提携により、作ることを得意とするSazaeはより作ることに専念できるようになります。今後は、キャップドゥのクライアント様と日本市場に、私たちキャップドゥグループのサービスをご提供できればと思っております。

企業情報

キャップドゥについて

2016年3月8日設立。サイボウズ社のkintoneをはじめとるクラウドツールを用いた業務改善コンサル事業を展開。現在、コンサルティング実績は全国400社以上。国内法人のほとんどを占める中小企業のサポーターとして、業務改善の面から共に成長していきたいと考えております。また、「利益の1%を熊本の復興支援に寄付する」という起業当初から継続するグランドデザインに基づき、地元・熊本への貢献にも尽力。

公式サイト:https://capdo-jp.com/page-capdo/

Sazaeについて

2010年設立。アジア・オセアニアに基盤を置き、ITコンサルタント、ITビジネス戦略家、UI / UXデザイナー、ITアーキテクトの専門家チームを配し、デジタルプレゼンスの評価、成長分野の特定、効率改善に取り組む。社名の由来は、幸運をもたらすとされる「約5つの螺旋」の殻をもつサザエから。

公式サイト:https://sazae.com.au/ja/home-jp/

報道問合せ先

本リリースについてご興味のある企業様は、お気軽にお問い合わせ下さい。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社キャップドゥ:https://capdo-jp.com/
〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木4丁目1-48 小楠ビル102
TEL:096-284-1426、FAX:096-284-1427
代表取締役社長:森田晃輝(もりた こうき)
広報担当E-mail:info@capdo-jp.com

Sazae Pty Ltd:https://sazae.com.au/ja/home-jp/
Suite 3, Ground Floor, 131 Clarence St,Sydney, NSW, 2000
TEL:0439-999-650
代表取締役社長:溝尻 歩(みぞしり あゆみ)
広報担当E-mail:support@sazae.com.au

マネーフォワードクラウドとは?メリットや安全性を徹底解説

マネーフォワードクラウドとは?

マネーフォワードクラウド(MoneyForwardクラウド)は、「株式会社マネーフォワード」が運営しているクラウド型の会計ソフトです。

日々の取引データの入力などを自動化できるため、会計業務にかかる時間を大幅に短縮することができます。

マネーフォワードクラウドのメリット

ここからは、マネーフォワードクラウドのメリットについて解説していきます。

取引明細データを自動で取得

クラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド(MoneyForwardクラウド)」は、銀行やクレジットカード、電子マネー、POSレジなど様々なサービスと連携させることができます。

そして、連携したサービスの取引明細データを「マネーフォワードクラウド」取得し、自動入力・自動仕訳を行ってくれます。

AIによる自動入力・自動仕訳の効率化

「マネーフォワードクラウド」は会計データなどの自動入力・自動仕訳を人工知能(AI)が行います。人工知能(AI)はビッグデータに基づいて自動入力・自動仕訳を行っていますので、使えば使うほど賢くなり、どんどん作業が効率化されていきます。

売上レポートなども自動作成

「マネーフォワードクラウド」は、自動入力したデータを元に、見やすいレポートを作成してくれます。経営状況レポートや、売上レポート、経費レポートを「見える化」することができるので、現状の把握をより正確でスピーディに行うことができます。

さまざまな端末からアクセス可能

「マネーフォワードクラウド」はクラウド型の会計ソフトなので、PCにインストールする必要がないだけでなく、パソコンの他にスマートフォンやタブレットからでもアクセスすることができます。

そのため、電車の中でスマホから会計データ確認をしたり、出張先でノートPCから会計データを編集する、なんてことも可能となります。

クラウドなのでデータが消える心配がない

従来の会計ソフトはインストール型が主流だったため、会計ソフトのデータは各パソコンごとに保存されていました。インストール型の会計ソフトの場合、バックアップをとっていない限り、パソコンが壊れてしまうとデータは失われてしまうというリスクがありました。

クラウド会計ソフトである「マネーフォワードクラウド(MoneyForwardクラウド)」は、クラウド上に全データが保存されるため、パソコンが壊れるなどのアクシデントがあってもデータが消える心配はありません。

セキュリティも厳重なので安心安全

マネーフォワードクラウドは、以下のような厳重なセキュリティ体制を構築しているので、安心安全です。

  • ○金融機関システムの担当者がシステムを構築
  • ○個人情報保護の第三者認証として「プライバシーマーク」を取得
  • ○顧客のメールアドレスや口座情報は暗号化して厳重管理
  • ○連携のためにクレジットカード番号は不要

マネーフォワードクラウドはこんな企業にオススメ!

ここからは、マネーフォワードクラウドが実際にどんな企業にオススメなのかについて、具体的に解説していきます。

会計業務などのコスト削減をしたい企業

「マネーフォワードクラウド」を使うことで、手作業での入力に比べて会計業務を約1/2に短縮することができます。(マネーフォワードのHPより)

そのため、「会計業務や請求書業務に費やしているコストを削減したい」と思っている企業様は、マネーフォワードクラウドを導入することで実現することができるでしょう。

経営状況や売上を「見える化」して経営判断に役立てたい企業

「マネーフォワードクラウド」は、自動入力されたデータに基づいて、経営状況レポートや、売上レポートなどを簡単に作成することができます。こうしたデータの「見える化」によって、迅速な経営判断が可能となります。

「経営状況や売上状況をいつでも簡単にひと目で把握したい」と思っている企業様には、マネーフォワードクラウドをオススメします。

マネーフォワードクラウドの法人向け料金・費用

マネーフォワードクラウドの法人向け料金・費用は以下のとおりです。

スモールビジネス

「スモールビジネス」プランは、小規模の法人でお得に利用したい方に向いています。

●基本料金

  • ○年額プラン:月額2,980円/年額35,760円
  • ○月額プラン:月額3,980円

●搭載機能

  • ○決算書の作成
  • ○銀行・クレジット明細の自動取込
  • ○部門登録:2部門まで
  • ○見積・納品・領収・請求書作成
  • ○請求書作成メンバーの追加:3名まで
  • ○請求書の郵送:1通あたり180円
  • ○経費精算
  • ○汎用ワークフロー
  • ○給与計算
  • ○社会保険手続き
  • ○勤怠管理
  • ○マイナンバー管理

ビジネス

「ビジネス」プランは、複雑な会計業務や請求書発行業務が多い法人の方に向いています。

●基本料金

  • ○年額プラン:月額4,980円/年額59,760円
  • ○月額プラン:月額5,980円

●搭載機能

  • ○「スモールビジネス」プランの全機能
  • ○振込データの作成
  • ○部門登録:無制限
  • ○請求書作成メンバーの追加:無制限
  • ○請求書の郵送:1通あたり170円

エンタープライズ

「エンタープライズ」プランは、上場企業やIPOをご検討中の法人の方に向いています。

●基本料金
「キャップドゥ」までお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

●搭載機能

  • ○「ビジネス」プランの全機能
  • ○仕訳の承認機能・変更履歴

マネーフォワードクラウドの導入なら「キャップドゥ」へ

この記事では、クラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド」のメリットや、マネーフォワードクラウドの導入をオススメしたい企業、各プランごとの料金・費用などをご紹介してきました。

「マネーフォワードクラウドで会計業務のコストを削減したいけど、導入方法や使い方がよくわからない……」
「自社にあったプランがよくわからない……」

こういった不安を抱えている経営者様は、ぜひ「キャップドゥ」にご相談ください!

株式会社キャップドゥでは、「マネーフォワードクラウド(MoneyForwardクラウド)」をはじめとした、さまざまなクラウドツールの導入支援やカスタマイズ開発、各種サポート等を行っており、これまで多数の企業様から喜びの声を頂いております。

クラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド(MoneyForwardクラウド)」の導入をご検討されている企業様は、ぜひ「キャップドゥ」にお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ