←  クラウド豆知識一覧へ戻る

CapDoクラウドとは?食品卸売業や製造業の業務改善をサポート!

業務改善システム「CapDoクラウド」とは?

「CapDoクラウド」とは、株式会社キャップドゥが食品卸売業や製造業の企業様向けに開発した、クラウド型の販売管理・在庫管理システムです。

食品卸売業や製造業は、とにかく商品数が多いのが特徴です。それに加えて老舗になればなるほど、販売管理・在庫管理システムが煩雑になり、使いにくかったり情報共有がしにくかったりするため、業務の生産性が低下する原因となっているケースが多くあります。

こうした老舗の食品卸売業・製造業ほど抱えやすい問題を解決するために誕生したのが、業務改善システム「CapDoクラウド」です。

業務改善システム「CapDoクラウド」のメリット

ここからは、業務改善システム「CapDoクラウド」のメリットについてご紹介していきます。

老舗の食品卸売業・製造業の業務改善をサポート

販売管理・在庫管理を行う際に「CapDoクラウド」を利用することで、従来のシステムよりも動作が軽いため使いやすく、クラウドツールなので情報共有も簡単に行えるといった利点があります。

その結果、従来のツールを使い続けた場合に比べると、作業時間の短縮や生産性の向上など大幅な業務改善が期待できます。

お客様ごとに使いやすくするためのカスタムが可能

「CapDoクラウド」は、お客様が社内で使用されていたシステムのインターフェイス(操作画面など)にできるだけ近づけるといったカスタムが行なえます。これにより、社内システムを「CapDoクラウド」に変更したとしても、作業を行う従業員ができるだけ戸惑わないようにすることができます。

クラウド型システムなので維持コストが安い

「CapDoクラウド」はクラウド型システムのため、「自社サーバーのOSバージョンアップのたびにシステムを更新する必要がある」といったことがありません。

つまり、ハードウェアに依拠した従来のシステムよりも、ランニングコストを大幅に削減することが可能です。

業務改善システム「CapDoクラウド」はこんな企業にオススメ

ここからは、業務改善システム「CapDoクラウド」の導入をおすすめしたい企業の特徴をご紹介していきます。

現在の管理システムが重い・使いにくいと感じている企業

まず、現在の販売管理・在庫管理システムが思い・使いにくいと感じている企業様には、「CapDoクラウド」の導入がオススメです。

「CapDoクラウド」なら、クラウド型の管理システムのため快適に動作し、カスタマイズによってお客様ごとに使いやすいインターフェイスにすることができます。

管理システムの維持費が高額(サーバー代など含む)な企業

現在の管理システムの維持費が高額な場合も、「CapDoクラウド」の導入がオススメです。クラウド型システムの「CapDoクラウド」なら、システム変更にともなうサーバーの入れ替えといったハード面での出費が無くなるので、ローカルのハードウェアに依存した旧来のシステムに比べて維持費を安くすることができます。

拠点ごとの情報共有が素早くできていない企業

たとえば拠点ごとでバラバラな管理システムを使っていて、FAXなどの手段でしか情報共有が行えない状態の場合、企業全体の経営状況を素早く把握するのは極めて困難です。

企業全体の管理システムを「CapDoクラウド」で統一することで、企業全体の売上や在庫などの状況がひと目で把握できるようになり、より迅速な経営判断を行えるようになります。

業務改善システム「CapDoクラウド」の料金メニュー

業務改善システム「CapDoクラウド」の料金メニューは、以下の通りです。

○導入費用:800万~1,000万(個別カスタマイズも可能です。)
○ライセンス費用:月額15万円~(30名利用時)
※価格は税別です。

業務改善システム「CapDoクラウド」の導入事例

業務改善システム「CapDoクラウド」は、30年以上ものあいだ熊本の外食産業を支えてきた老舗の業務用食品商社「吉平物産」様へすでに導入されており、これまでの管理システムに比べて業務効率化に大きな効果を発揮しています。

「吉平物産」様の導入事例については、以下の記事をご覧ください。

>>株式会社吉平物産様がCapDoクラウドで業務改善 | 株式会社キャップドゥ

「CapDoクラウド」の導入ならキャップドゥへ!

この記事では、株式会社キャップドゥが開発した、食品卸売業や製造業に特化した管理システム「CapDoクラウド」について、メリットや料金、導入事例をご紹介してきました。

商品数が極めて多く、管理が煩雑になりやすい食品卸売業や製造業の企業様、特に老舗の企業様にとっては、「CapDoクラウド」を導入することでシステムの維持コストも削減できるだけでなく、業務の効率化にもつなげることができます。

「管理システムが重い、使いくいといった不満が従業員から聞こえてくる……」
「各営業所の売上や在庫を把握できるのに何ヶ月もかかる……」
「OSアップデートや消費税改変のたびにシステムの更新費用が必要で大変……」

食品卸売業や製造業の企業様にありがちなこういった状況を改善するためには、業務改善システム「CapDoクラウド」の導入がオススメです。

業務改善システム「CapDoクラウド」について詳しくは、キャップドゥまでお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ