←  クラウド豆知識一覧へ戻る

テレワークは選択肢の1つ!コロナを経てわかったオフィスの価値

テレワークによって進んだ「オフィス離れ」

新型コロナウィルスの影響によって、日本では2020年からオフィスに通わない「テレワーク」を推進する企業が増加しました。

それによって、「オフィスなんて無くても仕事ができる」ことに気が付いた企業や、オフィスを利用する機会が減って家賃を払うのが無駄に感じるようになった企業などが、オフィス契約を解約する流れが進んでいるのが現状です。

キャップドゥではコロナ前からテレワークを推進

キャップドゥでは、コロナ以前からテレワークを推進していました。
キャップドゥがテレワークを推進していた理由などについては、以下の記事をご覧ください。

>>【前編】キャップドゥのテレワーク導入経緯やメリットを大公開! | 株式会社キャップドゥ

>>【後編】テレワーク導入でわかった課題や注意点とおすすめツール | 株式会社キャップドゥ

しかし、コロナを経て、「テレワークは選択肢のひとつ」であり、「やっぱりオフィスは必要」という結論に至りました。その主な理由としては、実際に「会う」ということが、実はとても大事だということに気がついたためです。

詳しくは次の項目でお話していきます。

コロナを経てわかったオフィスの価値・メリット

オフィスに出社して、実際に会って仕事をするということには、改めてどんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、キャップドゥが体感として感じた、オフィスを利用する価値やメリットをご紹介していきます。

タスクを消化するスピードが早い

まず、オフィスで実際に顔を合わせて仕事をしたほうが、タスクを消化するスピードが早いです。その理由は、「同じ空間に他人がいる」ことで緊張感が生まれ、「仕事をしなくちゃ」という気分に社員一人ひとりがなるからだと考えられます。

反対に、テレワークで部屋のなかで自分一人で仕事をしていると、誰も見ていないのでどうしても仕事を消化するスピードは落ちてしまう傾向にあると言えるでしょう。

スムーズに協力しあえる

また、上記のタスク消化スピードの向上にも関連していますが、オフィスに出社した場合のほうが、スムーズに協力しあえるので仕事がやりやすくなります。

たとえば、誰か別の社員に確認を取りたい場合など、テレワークではチャットや電話などワンステップ以上が必要となりますが、オフィスならば直接聞きにいけるので時間短縮につながります。

雑談からの意外な発見がある

オフィスでは仕事の生産性をあげていくだけでなく、休憩中などの何気ない会話によって、社員同士がお互いをより理解しあえます。また、オフィスでの何気ない雑談によって、新しいアイデアが思いついたりすることもあります。

このように、オフィスで働くことには様々な価値・メリットがあることを再発見することができました。では、アフターコロナ時代のオフィスは、これまでと同じで良いのでしょうか?

次の項目では、アフターコロナ時代を見据えたオフィスづくりについてご紹介していきます。

アフターコロナを見据えたオフィスづくり

それでは、コロナが収束したあとの「アフターコロナ」を見据えたオフィスづくりについて考察していきたいと思います。

今後はオフィス勤務に戻す動きが加速すると予想

コロナ禍においてテレワークに切り替えた企業は多いので、コロナ収束後もしばらくはテレワークを行う企業が多いと考えられます。しかし、しばらく経つとオフィスの重要性に気がつく企業が増えはじめ、テレワークを選択肢のひとつとして用意しつつ、以前のようにオフィスへ出社する企業が増えると予測できます。

先見の明がある企業は、コロナ収束前からアフターコロナ時代のオフィス作りを始めているかもしれません。

コロナ後のオフィスは感染症を予防する仕組みが重要

新型コロナウィルスのような感染症の流行は、今後も一定周期で発生すると言われています。そのため、アフターコロナ時代にオフィスを用意する場合、今後も起こりうる感染症対策をしっかり施す必要があります。

具体的には、以下にあげるように、十分な広さの確保と3密を回避する工夫が重要です。

  • ○ソーシャルディスタンスを確保できるようにデスク間の距離を十分に確保し「密集」を防止する。
  • ○半クローズドの会議室やセミオープンブース等を用意して「密閉」を防止する。
  • ○オフィスの広さを十分に確保したり、アクリル板パーテーションを設置したりして「密接」を防止する。

キャップドゥでは現在の約5倍の広さのオフィスに引越し予定

キャップドゥでは、現在のオフィスよりも約5倍程度広いオフィスに引越す予定です。その理由は、上記でお話した感染対策を、十分に行えるようにするためです。

新しいオフィスに引越すことで、社員が感染リスクに怯えずに、伸び伸びと仕事ができる環境を作れればと考えています。

これからの時代は、感染症から従業員を守りつつ、オフィスの良さを最大限活用していくことが、企業が果たすべき役割であるとキャップドゥでは考えています。

テレワークはあくまでも選択肢のひとつ!

この記事では、コロナ禍を経て再発見できたオフィスの価値やメリットについてご紹介してきました。

これまで当たり前だった「オフィスで仕事をする」ということが、実は生産性をアップする上で合理的であり、また人としてのライフスタイル(生き方)を守っていく上でも重要であることを、キャップドゥでは再発見したのです。

また、今後アフターコロナ時代に向けて、オフィスも感染症対策を万全したものへアップグレードしていく必要があります。

その際、テレワークも選択肢のひとつとして考えることで、より社員一人ひとりに最適化した働き方を提案できると思います。それこそが、アフターコロナ時代における企業の重要な価値ではないかと、キャップドゥでは考えています。

アフターコロナを見据えたオフィスづくりや、テレワークの円滑な進め方についてご質問がある企業様は、キャップドゥまでお気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ