←  クラウド豆知識一覧へ戻る

boardとkintoneの連携プラグイン「KAIZEN board」のメリット

「KAIZEN board」とは?

「KAIZEN board」とは、クラウドツールである「board」と「kintone」を連携可能にするプラグインです。「KAIZEN board」を活用することで、kintone内に案件データを登録するだけで、請求書などの書類データを自動生成することが可能になります。

「KAIZEN board」について更に詳しく見ていく前に、「board」と「kintone」の概要についても解説いたします。

「board」とは?

「board」は、見積書や請求書など、ビジネスに必要となる書類を自動で作成したり、案件単位での損益・受発注の管理を行えたりするクラウドツールです。

以下、「board」の主なメリット・機能を記載します。

  • ○見積書・請求書・送付状などの書類を自動生成
  • ○案件単位の損益や受発注の管理が可能
  • ○送付状付き請求書の一括印刷が可能
  • ○請求書PDFの一括メール送信や郵送が可能
  • ○ダッシュボード上で残タスク・売上・原価が簡単に把握可能
  • ○chatwork、メール、Slackに通知して、請求や支払漏れを防止
  • ○権限別機能で、いつでもどこでも捺印申請・承認・捺印が可能
  • ○最新の経営状況を把握できるので、迅速な経営判断に役立つ

「kintone」とは?

「kintone(キントーン)」とは、サイボウズ株式会社が提供しているクラウド型の業務アプリケーション作成サービスです。

「アプリ」と呼ばれる業務システムを、ユーザーが簡単に作成できることが最大の特徴で、業務・用途にあわせて自由にカスタマイズすることができます。

「kintone」について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>kintone(キントーン)とは?導入メリットや特徴・価格 | 株式会社キャップドゥ

「KAIZEN board」のメリット

ここからは、「KAIZEN board」を利用するメリットについて解説していきます。

kintoneとboardの「いいとこ取り」ができる

「kintone」と「board」のクラウドツールには、それぞれ以下のような長所・短所があります。

  • ○「kintone」は進捗管理などには長けているが、帳票のデザインやレイアウトは「board」ほどのレベルに達していない。
  • ○「board」は帳票デザイン等は得意だが、進捗管理やカスタマイズ性では「kintone」に及ばない。

「KAIZEN board」を活用することで、「kintone」で全体の進捗情報を一元管理し、「board」で請求書や見積書などの帳票を出力することができます。つまり、それぞれのクラウドツールの「いいとこ取り」が可能になるのです。

kintoneに案件を登録するとboardと自動連携

「KAIZEN board」を導入すると、kintoneに案件データを登録するだけで、boardと自動連携してくれます。具体的には、kintoneで案件登録後、kintoneに請求書や領収書などの書類データが自動生成されるのですが、そのデータはboard書類データに紐づいたデータが自動的に反映されます。

これにより、それぞれのクラウドツールに情報を入力するといった二度手間を避けることができます。

「kintone」×「board」で業務改善を進められる

「kintone」と「board」を併用することによって、社内の業務改善を進めることも可能です。具体的には、社内の基幹システムをクラウドツールである「kintone」にすることで、誰もが簡単に確認できるので、すべての社員が情報を共有できるようになります。そのため、業務の属人化を防ぐこともできます。

また、自分たちの部署で使いやすいアプリを開発することもできるので、より柔軟に「働きやすい環境」を自分たちの手で作っていくことが可能になります。

「KAIZEN board」はこんな企業におすすめ

ここからは、「KAIZEN board」の導入をオススメしたい企業をご紹介していきます。

属人化しているノウハウを共有したい企業

先程も少しご紹介しましたが、「kintone」と「board」を活用することで、進捗情報やノウハウを社内で共有することができるため、一部の人間しか業務の進捗具合やノウハウを知らない「属人化」を防ぐことができます。

そのため、すでに社内でノウハウや情報が属人化してしまっている企業や、属人化を防ぎたい企業は、「KAIZEN board」の導入を特にオススメします。

「kintone」×「board」を活用することで業務改善を進めることに成功した事例は、以下の記事をご覧ください。

>>株式会社環境と開発の活用事例 | 株式会社キャップドゥ

「KAIZEN board」の料金・費用

「KAIZEN board」のサービス料金・費用は以下の通りです。

  • ○初期費用:無料
  • ○月額費用:3,000円/年額費用:36,000円

※価格は税別です。
※日本国内の販売元:株式会社キャップドゥ
※海外での販売元:Sazae Pty Ltd

「KAIZEN board」のご購入は、以下のページをご覧いただくか、キャップドゥまでお問い合わせください。

>>KAIZEN board – 業務改善kintoneプラグインサイト

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

「KAIZEN board」の導入ならキャップドゥへ!

この記事でご紹介したとおり、「KAIZEN board」はboardとkintoneを活用して業務改善を進めたい企業にとって、強い味方となる連携プラグインです。

また、「KAIZEN board」の開発元である株式会社キャップドゥでは、「KAIZEN board」以外にも様々な業務改善システムを開発・提供しております。

「KAIZEN board」の導入や、業務改善のご相談は、キャップドゥまでお問い合わせください。

>>業務改善kintoneプラグインサイト

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ