←  クラウド豆知識一覧へ戻る

請求業務をDX化できる「楽楽明細 for kintone」をリリース!メリットや価格を解説

「楽楽明細 for kintone」とは?

「楽楽明細 for kintone」とは、kintoneの顧客情報を利用して、楽楽明細から請求書、納品書、支払明細などの帳票を発行できるようになるプラグインです。

「楽楽明細 for kintone」を導入することで、これまでCSVやPDFファイルで行っていた「楽楽明細」のデータ連携作業を、大幅にDX(業務改善)することができます。

楽楽明細とは?

クラウド帳票発行サービス売上シェアNo.1を誇る電子請求書発行システム「楽楽明細」は、請求書等の帳票発行業務をラクにするクラウドツールです。

「楽楽明細」を利用することで、請求書や支払明細書(支払通知/支払案内書)、納品書、検収書、領収書といったあらゆる帳票を電子化し、WEB上で発行できるようになります。

また、各種帳票を単独で発行することもできますが、「請求書+納品書」など、必要な帳票を同時発行することも可能です。

その他にも、請求書の発行日時を指定(予約)することができたり、WEB上から請求書の郵送代行を依頼することができたりと、かゆいところに手が届く使い勝手のいいサービスが人気です。

「楽楽明細 for kintone」の開発背景

キャップドゥが「楽楽明細 for kintone」を開発したきかっけは、経理担当者のお客様からの相談でした。

そのお客様の会社では、請求書の発行に楽楽明細を使用しており、CSVで請求明細データの取り込みをおこなっていました。しかし、企業が成長するつれ請求件数が増え、CSVでの取り込み作業に多くの手間がかかるようになってしまいました。

その部分を何とかならないか?というご相談を受け、キャップドゥではkintoneと連携することで解決できると考えました。そして、CSVでその都度データを取り込まなくても、kintoneの顧客情報を利用して請求書などの帳票発行を行える「楽楽明細 for kintone」の開発につながりました。

「楽楽明細 for kintone」の導入メリット

ここからは、「楽楽明細 for kintone」の導入メリットについてご紹介していきます。

楽楽明細での請求書発行までのフローを簡略化

「楽楽明細 for kintone」を利用することで、楽楽明細からの帳票発行をkintoneの顧客情報を利用して行えるようになります。これにより、これまでCSV/PDFファイルで行っていた楽楽明細のデータ連携を行う必要がなくなります。

その結果、経理チームで発生した“仕事のための仕事”を解消することにつながり、組織のDX化(企業改善)を進めることができます。

発行すべき請求書をkintone上で事前に知ることができる

「楽楽明細 for kintone」を導入することで、たとえば営業チームがkintoneに入力した顧客情報をもとに、経理チームが営業チームに請求書の発行が必要になりそうかどうか確認することができるようになります。

これにより、これまでは営業チーム等から請求書の発行依頼があってはじめて行えていた請求書作成業務が、売上が立つ前の段階からコミュニケーションを取れるようになり、よりスムーズな請求書発行業務につながります。

kintoneと楽楽明細で顧客データの相互連携が可能に

kintoneと楽楽明細で顧客データの相互連携が可能になります。具体的には、楽楽明細から顧客情報の一括取得・個別取得、kintoneからの一括登録・個別登録ができるようになります。

帳票アプリの柔軟な設定が可能

kintoneで作成した1つのアプリから複数の帳票を発行したり、帳票別にアプリを分けて楽楽明細に連携したりすることが可能になります。

たとえば、kintoneで作成した「見積書アプリ」と楽楽明細を連携し、見積書と同じ内容で発注書も作成する、といったことが可能になります。また、帳票発行に必要な項目さえ揃っていれば、もともと楽楽明細との連携用に作ったものではない「自社作成アプリ」等とも連携が可能です。

kintoneアカウント別に認証が可能に

「楽楽明細 for kintone」では、kintoneのアカウント別に認証制限を設定することができます。認証制限されたアカウントのユーザーは、「kintoneにデータを作成することができるが楽楽明細への連携ができない」という状態になります。

これにより、経理部の担当者が請求書のたたき台をkintoneで作り、修正や発行は上司などの責任者のみが行えるようにする、といった運用が可能になります。

「楽楽明細 for kintone」はこんな企業様にオススメ!

ここからは、「楽楽明細 for kintone」の導入をオススメしたい企業についてご紹介します。

「楽楽明細」のデータ連携をCSV/PDFで行っている企業

現在、「楽楽明細」のデータ連携をCSV/PDFファイルで行っている場合、企業が成長して請求案件が増えるにつれて、請求書の発行までにかかる業務が増大していきます。

「楽楽明細 for kintone」を導入することで、手動で行っていたデータ連携作業を行う必要がなくなるため、請求書発行までのフローを簡略化することができます。

「企業が成長して請求業務が大変になってきた」という企業様にこそ、「楽楽明細 for kintone」はオススメです!

請求書など帳票発行業務を漏れなく円滑に進めたい企業

メリットの部分でも記載した通り、「楽楽明細 for kintone」を導入することで、たとえば請求書発行であれば営業チームと経理チームの連携をとりやすくなります。

そのため、社内の部署間の連携をスムーズにし、請求書など帳票発行業務を漏れなく円滑に進めたい企業様にも、「楽楽明細 for kintone」はオススメです!

「楽楽明細 for kintone」の価格

「楽楽明細 for kintone」の販売価格は、以下のとおりです。

  • ○初期費用:100,000円(税別)
  • ○月額:15,000円(税別)/年額:180,000円(税別)
  • ○初期設定オンラインサポート
  • ○バージョンアップ対応
  • ○運用サポート

※kintoneのアプリカスタマイズは別途お見積りとなります。

「楽楽明細 for kintone」のご購入については、キャップドゥまでお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

「楽楽明細 for kintone」で請求業務を更にDX化!

この記事では、キャップドゥが開発した新しい業務改善プラグイン「楽楽明細 for kintone」について、機能やメリット、価格などについてご紹介しました。

「楽楽明細 for kintone」を導入することで、楽楽明細とkintoneの顧客情報を共有できるようになり、請求書発行の前段階の業務フローを円滑にすることができます。

「企業が成長して請求書発行業務が大変になってきた……」
「請求書など帳票発行業務を漏れなく円滑に進めたい……」

上記のようなことでお悩みの企業様は、「楽楽明細 for kintone」の導入で解決につながると思います。ぜひ一度、導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

「楽楽明細 for kintone」プラグインのご購入やご質問、ご相談などございましたら、キャップドゥまでお気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ