←  クラウド豆知識一覧へ戻る

【後編】ミニマム店舗の時代到来?!かつお茶屋で始まった飲食店DXの効果

「かつお茶屋」の飲食店DXとは?

「かつお茶屋」は、キャップドゥが2021年2月に買収(M&A)をした熊本唯一のかつお節にこだわった出汁茶漬け店です。削りたてのかつお節をご提供する「かつお飯」や「出汁茶漬け」、かつおがたっぷり乗った「かつお漬け丼」などが人気です。

前回の記事では、かつお茶屋が飲食店DXとして導入したITツールについてご紹介してきました。今回は、より具体的にITツールをどのように連携してDX(業務改善)を進めているのかについてご紹介していきます。

前回の記事については、以下のリンクからご覧いただけます。

>>【前編】かつお茶屋が始めた飲食店DXの中身とは?!導入ツールを大公開

なお、キャップドゥが「かつお茶屋」を買収した経緯などについては、以下の記事をご覧ください。

>>キャップドゥが飲食店をM&A?!飲食店DXの進め方【前編】

>>キャップドゥが「かつお茶屋」をM&A!飲食店DXを実践中【後編】

「かつお茶屋」は飲食店DXでこんな業務改善ができた

それでは、具体的に飲食店DXを進めることで、「かつお茶屋」のなかで実現した業務改善(仕事のための仕事の削減)をご紹介していきます。

「レジ締め」や「売上報告」が無くなった

まず、「エアレジ」×「マネーフォワードクラウド会計」の連携によって、かつお茶屋では「レジ締め」や「売上報告」を行う必要がなくなりました。

POSレジアプリ「エアレジ」とクラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド会計」を連携することで、日々の売上状況や明細データなどを自動的に取得し、すぐに確認することができます。そのため、従来の飲食店のように1日の売上確認などの目的で行う「レジ締め」や「売上報告」が必要なくなり、従業員の作業時間を大幅に短縮することに成功しました。

「エアレジ」と「マネーフォワードクラウド会計」の詳細については、前回の記事をご覧ください。

>>【前編】かつお茶屋が始めた飲食店DXの中身とは?!導入ツールを大公開

「タイムカード集計」作業が無くなった

次に、「タッチオンタイム」×「マネーフォワードクラウド給与」の連携によって、かつお茶屋では「タイムカード集計」の作業が不要になりました。

勤怠管理システム「タッチオンタイム」とクラウド給与管理ソフト「マネーフォワードクラウド給与」を連携することで、タッチオンタイムの勤怠データをマネーフォワードクラウド給与に取り込めるため、面倒なタイムカード集計という“仕事のための仕事”を無くすことに成功しました。

「タッチオンタイム」と「マネーフォワードクラウド給与」の詳細については、前回の記事をご覧ください。

>>【前編】かつお茶屋が始めた飲食店DXの中身とは?!導入ツールを大公開

売上アップのための飲食店DXも続々開始

かつお茶屋では、業務改善(仕事のための仕事の削減)の延長線として、売上をアップさせるためのITツールやサービスの導入も続々と行っています。ここでは、実際に導入または導入予定のものをご紹介していきます。

エアレジ、エアPay、PayPayで電子決算にも対応

また、かつお茶屋ではエアレジの導入にあわせて、エアPayやPayPayなどの電子決算サービスも導入することで、お客様からのお支払いに対して幅広く対応できる体制を構築しております。

決済方法が限定されていることを理由に、足が遠のいてしまうお客様もいますので、機会損失を防ぐという意味でも決済方法の充実化は必須の飲食店DXだと考えています。

ウーバーイーツや出前館などのデリバリーサービスも導入

コロナ禍において需要が大きく伸びているのがウーバーイーツや出前館などの「デリバリーサービス」です。かつお茶屋でも、飲食店DXの一環として、ウーバーイーツ・出前館などのデリバリーサービスを導入いたしました。

今後はデリバリーでも売上を伸ばしていければと考えています。

サブスクリプションも導入予定

また、かつお茶屋では、飲食店では珍しい「サブスクリプション」も導入予定です。サブスクリプションとは、毎月定額を支払うことで、特定のサービスを何度でも利用できるというシステムです。

かつお茶屋では、試験的に「月額800円で1日1杯スープ」というサブスクリプションを開始する予定です(価格は変更の可能性あり)。開始後はInstagramやFacebookなどのSNSでも告知いたしますので、どうぞお楽しみに!

これからの飲食店は「ミニマム店舗」の時代!

ここまで、キャップドゥが経営する「かつお茶屋」で実践している飲食店DXの具体的な中身についてご紹介してきました。

10席以下の「かつお茶屋」は、飲食店の規模でいうと最も小さい「ミニマム店舗」に該当します。しかし、キャップドゥではこれからの飲食店は「ミニマム店舗」の時代であると考えています。

ここでは、その理由についてご説明していきます。

コロナ禍でデリバリーサービスの需要が加速

これからの飲食店が10席以下のミニマム店舗の時代であると言える1つ目の根拠は、コロナ禍でデリバリーサービスの需要が加速したことにあります。

これまで飲食店というと、「店内での売上」がメインを占めていたと思います。しかし、コロナになってデリバリーでの需要が伸びたことによって、「店内のみの売上」にこだわる必要がなくなりました。

これは同時に、席数が少ない店舗であっても、席数が多い店舗に対抗できる可能性が出てきたことを表しているとキャップドゥでは考えています。

飲食店DXをうまく使えば中規模店舗以上の売上を狙える

上記の事情に加えて、この記事でご紹介してきた飲食店DXをうまく使うことで無駄な業務を削減できるため、少人数でも効率的に店舗運営が行えることがあります。

これまで“仕事のための仕事”として行ってきた「レジ締め」や「売上報告」、「タイムカード集計」といった業務が、この記事でご紹介したクラウドツールなどを使用することで完全に無くなったり、大幅に削減したりすることが可能になるのです。

また、「電子決済システム」、「デリバリーサービス」、「サブスクリプション」、「SNSを活用した無料PR」などを利活用していくことで、中規模店舗以上の売上も狙っていくことができると考えています。

キャップドゥと一緒に“でっかい市場”を狙っていきませんか?

キャップドゥでは上記のような考えのもと、「かつお茶屋」をモデルケースにして、今後全国にフランチャイズ展開していこうと考えています。「10席以内」かつ「家賃月10万円以下」をキーワードに、全国に「かつお茶屋」を広げていきます。

「かつお茶屋」のようなミニマム店舗の飲食店ビジネスであれば、例えば夫婦2人であっても十分に経営していくことが可能です。もちろん、熊本の店舗で得た飲食店DXのノウハウは、すべてのフランチャイズ店舗に共有します。

こうしたキャップドゥの志に賛同してくれる方は、ぜひフランチャイズ加盟店として名乗りを上げてもらえれば幸いです。もちろん、お客様として「かつお茶屋」に足を運んでいたくだけでも大歓迎です。

「かつお茶屋」のフランチャイズ展開についてや、飲食店DXについてのご質問・ご相談は、キャップドゥまでお問い合わせください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ

「かつお茶屋」の詳しい情報は、以下をご覧ください。

かつお茶屋:熊本県熊本市中央区下通1-4-3
公式HP:https://katsuocyaya.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/katsuocyaya/?r=nametag
FB:https://www.facebook.com/katsuocyaya/