←  クラウド豆知識一覧へ戻る

中小企業のITツール導入やDXを支援!IT導入補助金2022の概要やスケジュール

【2022年版】IT導入補助金とは?

【2022年版】IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者などが、DX(業務改善)を含めた生産性の向上のために、ITツール・クラウドサービスの導入に対して費用の一部を補助する制度です。

このIT導入補助金を活用することで、ITツールやクラウドツールをお得に導入できるので、中小企業や小規模事業者のDX(業務改善)を促進することが可能になります。

なお、IT導入補助金には、大きく分けて通常枠(A・B類型)、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)、デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型)の3つの枠組みが存在します。

通常枠(A・B類型)

通常枠(A・B類型)について、IT導入補助金の交付元である中小企業庁では以下のように説明しています。

“製品・サービスの生産・提供などの事業を行っている中小企業・小規模事業者等が、自社の強み・弱みを認識、分析し、プロセスの改善と効率化を図る方策として、当該ITツールの導入費用の一部を支援するものです。(中小企業庁より引用)”

通常枠(A・B類型)について簡単に解説すると、それぞれの企業の課題解決に役立つITツールやクラウドツールの導入費用の一部を補助してくれる基礎的な補助枠です。ただし、通常枠(A・B類型)は、パソコンやタブレットなどハードウェアは補助対象になりません。

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)について、IT導入補助金の交付元である中小企業庁では以下のように説明しています。

“新型コロナウイルス感染症の影響を受けつつも、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者等を支援するとともに、インボイス制度への対応も見据えつつ、企業間取引のデジタル化を強力に推進するため、通常枠(A・B類型)よりも補助率を引き上げて優先的に支援するものです。(中小企業庁より引用)”

上記説明にもあるように、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)はインボイス制度への対応を見据えた補助枠で、企業間取引(BtoB取引)におけるデジタル化を推進するための補助枠です。通常枠(A・B類型)との一番の違いは、パソコンやタブレットなどのハードウェアにも補助金が出ることです。また、ソフトウェアの補助率も通常枠(A・B類型)より引き上げられています。

デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型)

デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型)について、IT導入補助金の交付元である中小企業庁では以下のように説明しています。

“サプライチェーンや商業集積地の複数の中小企業・小規模事業者等が連携してITツールを導入することにより、面的なデジタル化、DX化の実現や、生産性の向上を図る取組に対して、通常枠(A・B類型)よりも補助率を引き上げて支援するとともに、効果的に連携するためのコーディネート費や取組への助言を行う外部専門家に係る謝金等を含めて支援するものです。”

デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型)は、商工団体等、当該地域のまちづくり、商業活性化、観光振興等の担い手として事業に取り組むことができる中小企業者又は団体、複数の中小企業・小規模事業者により形成されるコンソーシアムなどが対象となる補助枠なので、一般的な中小企業・小規模事業者はあまり関係がない補助枠となっています。

【2022年版】IT導入補助金の補助対象者と補助額

ここからは、【2022年版】IT導入補助金の補助対象者と補助額をご紹介していきます。

補助対象者の資本金および従業員数

【2022年版】IT導入補助金の補助対象は、資本金・従業員規模のうちどちらか一方が下記以下の場合に対象者となります。

●中小企業(個人事業主含む)

  • ○製造業、建設業、運輸業:資本金3億円/従業員300人(常勤)
  • ○卸売業:資本金1億円/従業員100人(常勤)
  • ○サービス業:資本金5,000万円/従業員100人(常勤) ※ソフトウエア業、情報処理サービス業、旅館業を除く
  • ○小売業:資本金5,000万円/従業員50人(常勤)
  • ○ゴム製品製造業:資本金3億円/従業員900人(常勤) ※自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業ならびに工業用ベルト製造業を除く
  • ○ソフトウエア業又は情報処理サービス業:資本金3億円/従業員300人(常勤)
  • ○旅館業:資本金5,000万円/従業員200人(常勤)
  • ○その他の業種(上記以外):資本金3億円/従業員300人(常勤)

●小規模事業者

  • ○商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く):従業員5人以下(常勤)
  • ○サービス業のうち宿泊業・娯楽業:従業員20人以下(常勤)
  • ○製造業その他:20人以下

●その他の法人

  • ○医療法人、社会福祉法人、学校法人:従業員300人(常勤)
  • ○商工会・都道府県商工会連合会及び商工会議所:従業員100人(常勤)
  • ○中小企業支援法第2条第1項第4号に規定される中小企業団体 :主たる業種に記載の従業員規模
  • ○特別の法律によって設立された組合またはその連合会:主たる業種に記載の従業員規模
  • ○財団法人(一般・公益)、社団法人(一般・公益):主たる業種に記載の従業員規模
  • ○特定非営利活動法人:主たる業種に記載の従業員規模

通常枠(A・B類型)の補助金額

  • ○補助対象経費区分:ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大1年分補助)・導入関連費等
  • ○補助率:1/2以内
  • ○上限額・下限額(A類型):30万円~150万円未満
  • ○上限額・下限額(B類型):150万円~450万円以下

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)の補助金額

  • ○補助対象経費区分:ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大2年分補助)・導入関連費等
  • ○補助額5万円~50万円以下:補助率3/4
  • ○補助額50万円超~350万円:補助率2/3

●ハードウェア購入費用

  • ○PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器:補助率1/2以内、補助上限額10万円
  • ○レジ・券売機等:補助率1/2以内、補助上限額20万円

IT導入補助金を活用してITツール導入やDXを促進した事例

以下サイトなどを参考に事例を紹介しつつ、キャップドゥ様のDX事例につなげていきます。

RPAツールを導入してルーチンワークを自動化

RPAツールとは、「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略で、人間が行っている定型的な業務を自動化させることができるツールの総称です。

IT導入補助金を活用して、この「RPAツール」を導入することで、これまで人間が行っていた単純作業(請求書の作成、ネット検索による情報収集、顧客情報のデータベース化など)を自動化することができます。

自動化によって、人手不足を解消したり、ルーティーン業務に費やす時間を短縮したりすることが可能です。

以下の記事では、RPAツールの一種である「MICHIRU RPA」について詳しく解説していますので、参考までにご覧ください。

>>単純作業を代行!MICHIRU RPAの導入メリットや料金・費用 | 株式会社キャップドゥ

グループウェアの導入で社内の情報共有を円滑化

グループウェアとは、社内の情報共有やコミュニケーションを円滑にすることで、業務の効率化を促進するためのITツール・クラウドツールのことを指します。

IT導入補助金を活用してグループウェアを導入することで、これまでコミュニケーション不足や情報共有不足によって発生していた無駄な業務などを解消し、チームの連携を強化することが可能です。

代表的なグループウェアとして、「サイボウズ Office」や「サイボウズ Garoon」などがあります。「サイボウズ Garoon」について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>大規模向けグループウェア「サイボウズGaroon」の導入メリットと料金・費用 | 株式会社キャップドゥ

クラウドツールを導入してDX(業務改善)を促進

DX(デジタルトランスフォーメーション)を分かりやすい言葉で言うと、「業務改善」になります。「業務改善」とは、会社のなかの業務上のさまざまな課題や問題点、いわゆる「仕事のための仕事」を洗い出し、その課題・問題点をクラウドツールなどのIT技術によって解決していくことを指します。

IT導入補助金を活用することで、自社の課題解決に役立つITツール・クラウドツールを導入しやすくなるので、企業のDX(業務改善)を促進することができます。

自社の課題を解決できるITツール・クラウドツールのご提案は、業務改善コンサル事業を展開しているキャップドゥまでお気軽にお問い合わせください。

>>キャップドゥがコンサルを行った業務改善事例を紹介! | 株式会社キャップドゥ

【2022年版】IT導入補助金のスケジュール

ここからは、【2022年版】IT導入補助金の交付を受けるための、申請スケジュールをご紹介していきます。

通常枠(A・B類型)のスケジュール

  • ○交付申請期間:2022年3月31日(木)受付開始~終了時期は後日案内予定

●1次締切分

  • ○締切日:5月16日(月)17:00(予定)
  • ○交付決定日:6月16日(木)17:00(予定)
  • ○事業実施期間:交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
  • ○事業実績報告期間:後日案内予定

●2次締切分

  • ○締切日:6月13日(月)17:00(予定)
  • ○交付決定日:後日案内予定

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)のスケジュール

  • ○交付申請期間:2022年3月31日(木)受付開始~終了時期は後日案内予定

●1次締切分

  • ○締切日:4月20日(水)17:00(予定)
  • ○交付決定日:5月27日(金)17:00(予定)
  • ○事業実施期間:交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
  • ○事業実績報告期間:後日案内予定

●2次締切分

  • ○締切日:5月16日(月)17:00(予定)
  • ○交付決定日:6月16日(木)17:00(予定)

●3次締切分

  • ○締切日:5月30日(月)17:00(予定)
  • ○交付決定日:6月30日(木)17:00(予定)

●4次締切分

  • ○締切日:6月13日(月)17:00(予定)
  • ○交付決定日:後日案内予定

キャップドゥは「IT導入支援事業者」です!

株式会社キャップドゥは、【2022年版】IT導入補助金制度における「IT導入支援事業者」です。

IT導入支援事業者とは?

「IT導入支援事業者」とは、中小企業・小規模事業者等のITツールの導入や、申請サポート、補助事業支援などを行う事業者のことを指します。

「IT導入支援事業者」は各県に存在しており、IT導入補助金の事務局および外部審査委員会による審査を経た事業者だけが「IT導入支援事業者」になることができます。

「IT導入補助金」を活用してキャップドゥのサポートを受けませんか?

「IT導入支援事業者」であるキャップドゥは、日頃から企業のDX(業務改善)に関するお悩みやご相談をお聞きしてサポートを行う「業務改善コンサル事業」を展開しています。

キャップドゥにご相談をいただければ、「IT導入補助金」の申請方法だけでなく、御社の課題解決に最適なITツール・クラウドツールをご提案させて頂きます。「IT導入補助金」の活用を考えている方や、企業のDX(業務改善)でお悩みの方は、ぜひキャップドゥまでご相談ください。

>>お問い合わせ | 株式会社キャップドゥ